アスベスト対策

アスベストとは

アスベストとは(石綿・いしわた・せきめん)とも呼ばれる非常に細い繊維状の天然鉱物で、熱や摩擦、酸、アルカリに強く、丈夫で変化しにくく安価であるため多くの建築建材に使われてきました。
しかし、空中に飛散した石綿繊維を長期間大量に吸入すると呼吸器官に影響を及ぼし、様々な病気を引き起こす可能性があるため、日本では1975年に建築物へのアスベスト利用が原則禁止となりまた。  

 

事前調査・分析調査

アスベスト診断士の資格を持つ専門スタッフが現地に伺いヒヤリングや設計図書などから建物全体を調査いたします。 分析の必要があると判断した場合は、建材の一部を採取し
分析いたします。
調査報告書は、書面にてご報告いたします。
 

 

アスベスト除去工事
レベル1
(吹付石綿)

アスベストとセメントを混合した状態で吹き付けられており、固まると綿のような状態になります。
アスベストの濃度が非常に高く、使われたアスベストの種類もクリソタイル(白石綿)だけでなく、毒性の高いアモサイト(茶石綿)やクロシドライト(青石綿)もかなり使われました。
耐火、断熱、吸音などの目的で使用され3階建て以上の鉄骨造の柱や梁、デッキプレート裏側などの耐火被覆ビルや工場の機械室、ボイラー室、駐車場、学校、体育館など昭和31年頃から昭和50年初頭までの建築物に多く使われました

 

アスベスト除去工事
レベル2
(保温材・断熱材)

石綿含有保温材や耐火被覆材、断熱材です。
ボイラ本体及びその配管、空調ダクト等の保温材等屋根用折版裏断熱材、煙突用断熱材等

 

アスベスト除去工事
レベル3
石綿含有成形板など

成形板等の石綿含有建材です。割れにくい建材なので注意をして取り外しを行えば、飛散のリスクは低いといえます。

 

ダイオキシン対策

ダイオキシンとは

ダイオキシンは、物の製造や廃棄物などの焼却過程、環境中の自然的過程で生成される化学物質です。一般に

  • 「ポリ塩化ジベンゾ-パラ-ジオキシン」(PCDD)
  • 「ポリ塩化ジベンゾフラン」(PCDF)
  • 「コプラナーポリ塩化ビフェニル」(コプラナーPCB)
をまとめてダイオキシン類と呼んでいます。ダイオキシン類は、炭素・酸素・水素・塩素が熱せられる過程で、自然に発生してしまう物質です。主に塩素を含むプラスチックやビニール製品などを 300℃前後の低温度で燃やすと発生しやすいといわれていますが、何を燃やしてもダイオキシン類を発生させる可能性があります。大気中には微量の塩素が存在していると考えられているからです。ダイオキシン類の主な発生源として
  • ごみ焼却
  • 自動車の排気ガス
  • たばこの煙
などが確認されています。

 

事前調査・分析調査

作業場空気中のダイオキシン類測定と、焼却炉付着物等のダイオキシン類測定及び重金属類の調査を行います。調査結果により、解体に伴う保護具及び解体作業方法が決定します。
※火格子面積又は火床面積が0.5m²以上であるもの、焼却能力が50kg/h以上であるもの及び一次燃焼室の容積が0.8m³以上であるものが対象となりますが、適用対象より小規模の焼却施設において行われる作業についても、本対策要綱に準じばく露防止対策を講ずることが望ましいとされています。

《付着物測定箇所》

  1. 焼却炉本体炉内焼却灰及び炉壁付着物
  2. 廃熱ボイラー 缶外付着物
  3. 煙突 煙突下部付着物
  4. 煙道煙道内付着物
  5. 除じん装置 装置内堆積物及び装置内壁面等付着物
  6. 排煙冷却設備 設備内付着物
  7. 排水処理設備 設備内付着物
  8. その他の設備 付着物
※サンプリング対象物におけるダイオキシン類含有量が同程度であることが客観的に明らかである場合は、必ずしも全ての対象についてサンプリングする必要はない。

 

ダイオキシン対策工事

建物および周辺環境の汚染状況を調査し、現場に合わせた工法・作業内容をご提案させていただきます。事前調査後、施工計画表に基づき、超高圧洗浄や無火気工法を用いてダイオキシンの除去作業を行ないます。施工による大気への飛散防止や従業員のダイオキシン類暴露防止対策などの徹底、また周辺環境に対する安全にも十分配慮して施工を実施致します。 焼却炉や煙突に付着しているダイオキシン類を完全撤去後、適正に解体作業を致します。解体作業時の騒音や振動問題の防止、粉じんの飛散防止対策など、周辺環境に害を及ぼさないよう徹底して作業を行ないます。
解体後の廃棄物は総務省が定める法令や各都道府県の条例を遵守し、責任者が適正に処理を致します。
 

 

解体・土木工事

事前調査・家屋調査

建物構造種別・解体作業環境・近隣環境・搬入搬出ルート確認・重機車両選定を致します。綿密な工事計画をもとに、環境に配慮し高い安全性で慎重かつ繊細な解体プランをご提案いたします。 家屋調査は、解体する際に大きな振動が発生することが予想される際に必要となります。主にRC造の家屋や、マンション・アパート、ビルなどの解体工事が当てはまります。木造住宅の解体工事で家屋調査をすることはあまりありませんが、近隣住宅との距離が極端に近い住宅密集地等の工事の場合は、木造住宅であっても調査を行うこともあります。
家屋調査は主に、施工業者ではなく第三者の立場となる民間調査会社、コンサルタントが、2人1組の作業員を派遣して実施されます。調査内容は建物外部と、調査家屋の住民の許可を得た上で内部も行います。調査結果を収めるため、点検した箇所は撮影し、記録しておきます。
 

 

解体・改修工事

住宅・店舗・ビルなど、あらゆる建物の解体工事を手掛けています。解体工事は、業務や職種、活動の形態、人々の生活を変えようとする時、“新たな始まり”を担う大切な工事です。 建物構造種別・解体作業環境・近隣環境・搬入搬出ルート確認・重機車両選定を致します。綿密な工事計画をもとに、環境に配慮し高い安全性で慎重かつ繊細な解体プランをご提案いたします。  

 

土木工事

土木工事を通してくらしの環境整備に努めてきました。 大規模な宅地造成や工場敷地の造成、マンション工事など土地の造成から、基礎のコンクリートまで承っております。  今後も積み重ねてきたこれまでの実績とひとりひとりの技術や経験で、地域に貢献していきたいと考えております。