アスベスト対策工事

レベル1 石綿含有吹付け材

アスベストとセメントを混合した状態で吹き付けられており、固まると綿のような状態になります。
アスベストの濃度が非常に高く、使われたアスベストの種類もクリソタイル(白石綿)だけでなく、毒性の高いアモサイト(茶石綿)やクロシドライト(青石綿)もかなり使われました。
耐火、断熱、吸音などの目的で使用され3階建て以上の鉄骨造の柱や梁、デッキプレート裏側などの耐火被覆ビルや工場の機械室、ボイラー室、駐車場、学校、体育館など昭和31年頃から昭和50年初頭までの建築物に多く使われました

 

隔離養生

床・壁面を養生して外部へ飛散しないようにします。

 

負圧除じん装置・セキュリティー設置

負圧除じん装置を設置・稼働させ、作業場内の気圧を周囲より低く保ち
アスベストの混ざった空気を外部に漏らさないようにし、さらに作業場内の空気を入れ替えます。作業場出入口にセキュリティーゾーンを設置する。
負圧除塵装置の必要台数は作業区画の大きさによって定められています
 

 

養生検査

各諸官庁の方に、養生・負圧状況・設備の適正配置等を確認してもらいます。

 

除去作業

粉じん飛散抑制剤を散布し、アスベストの除去作業をします。
その後残留石綿を除去し、飛散防止剤を吹き付けます。

 

特別管理産業廃棄物の一時保管・搬出

特別管理産業廃棄物を処分場へ運搬します。

レベル2石綿含有保温材、耐火被覆材、断熱材

配管などを保温する目的で巻いてある保温材や断熱材などが該当するのですが、これらはレベル1の吹付け材ほどは解体するとき飛び散りません。
しかしもともと断熱目的で製造されているので非常に軽く密度が低いため、いったんくずれるとかなり飛散します。それにアスベストの含有率も高いので、やはり相当危険なのです。ただレベル1と違って壁や天井にこびり付いているわけではないので、例えば配管保温材などは配管ごと取り外して処分するなどの方法もあって、レベル1とは違う扱いとなっています。
特別管理産業廃棄物を処分場へ運搬します。

レベル3石綿含有成形板

 
セメント等とともに成型されたアスベスト含有建材で、耐熱性、耐久性などの優れた特性を持ちます。そのため、建築物の内装、外装、屋根材などとして広く使用されてきました。
アスベスト成形板の破断・粉砕等によりアスベスト繊維を飛散させるおそれがありますので、材料を薬液等で湿潤化して手ばらしにより取り外しを行うなど、飛散防止対策に留意する必要があります。

ダイオキシン対策工事

ダイオキシン類

廃棄物の焼却施設の解体作業を行う場合、作業を開始する前6カ月以内
に汚染物のサンプリングを行わなければいけません。解体作業前の空気中ダイオキシン類濃度測定結果や汚染サンプリングの調査結果に基づき、解体作業管理区域および使用保護具等を剪定し、官公庁への届出から解体工事まで徹底したスケジュールと管理体制で安全な工事を実施しております。

 

隔離養生

除染作業

解体・土木工事

大型建築物から一般住宅、店舗まで

「より安全に」「より効率よく」「より低コストで」大型建築物から一般住宅、店舗まで解体解体工事は、綿密な工事計画のもとに、状況の変化に応じたミーティングなどで慎重かつ繊細な解体を行っています。 現在の解体作業は、効率のよさだけを追求するのではなく、周辺への影響を最小限にする高い安全性・環境への配慮も求められます。
また最終的な処理のためにも、解体作業には明確な基準に従っての廃棄物の区分けも伴います。
当社では、解体作業に関するノウハウと自社の重機を活用することにより、「より安全に」「より効率よく」「より低コストで」の解体作業を実現しています。